ボトルとサプリ

血糖値と深い関わりがある糖尿病は予防することが可能

炭水化物の少ない食事

植物

糖尿病治療のために食事療法は大事です。血糖値を上げるような炭水化物は控えなければなりませんが、極端に減らすことや、また偏った食事になるのでは意味がありません。糖尿病食の宅配サービスを利用するのも良い方法ですがお金がかかります。そこでレシピ本が人気です。糖尿病食は健康な人にもおすすめできる内容です。

詳しく見る

血糖値を下げよう

年長者

糖尿病が気になっているのであれば、食事制限や運動の他に健康食品を取り入れる工夫も必要となります。糖尿病に健康食品が人気の理由は、運動や食事制限がすぐにできない方でも手軽に摂取でき血糖値を下げることができるからです。

詳しく見る

血糖値をあげないために

栄養補助食品

症状や合併症

インスリンの分泌が正常でないために血糖値が上昇してしまう糖尿病は、自覚症状としては咽の渇きや急激な体重の減少、尿の回数や量の増加などがあり、尿に糖が含まれることで甘い匂いがすることもあります。他にも目のかすみといった視力障害や立ちくらみ、手足の冷えやしびれ、月経異常などもありますが、軽度の場合はこういった自覚症状が出ないこともあります。また症状が悪化した際の合併症には細小血管症で糖尿病の三大合併症とも呼ばれることのある網膜症や神経障害、腎症といったものがあり、大血管症では脳梗塞や心筋梗塞、末梢動脈性疾患があります。他にも感染症や皮膚の病気なども発症することがあるため、予防のためにも生活習慣の見直しやダイエットを実施するようにしましょう。

予防と改善には

糖尿病の予防もしくは改善のためには、食事や運動、睡眠などの生活習慣の見直しが効果的です。他にも病院での薬物療法などもありますが、病院での糖尿病治療の特徴としては血液検査で診断し、それから重症の場合のみ薬物療法となります。そしてとくに食事は重要視されており、軽度でも重症でも実施することが基本です。食事の時間は規則正しく、品目もたくさん用意してバランス良くゆっくり噛んで腹八分目にします。また脂質や糖分、塩分などは控えめにして薄味にし、食物繊維や亜鉛、マグネシウムやタウリンといった成分が含まれる食材を積極的に摂取しましょう。あとは理想的には毎日ですが、それが難しいなら週に三回程度の運動を取り入れ、睡眠不足にならないようにしましょう。ただし運動に関しては合併症が進行していたり血糖コントロールがうまくいっていない場合は、医師に相談の上で実施するかどうかを判断してください。

病気もプラスに考えてみる

レディー

糖尿病は、糖質管理である程度おさえることができます。血糖値をあげないように注意をして、すいぞうを休ませてあげるといいでしょう。今後増えていくと予想される糖尿病ですが、1人1人が自分のからだを思いやって糖尿病にならないように注意することが大切だと思いました。

詳しく見る