婦人

血糖値と深い関わりがある糖尿病は予防することが可能

病気もプラスに考えてみる

レディー

糖質管理のメリット

糖尿病と言えば「糖質管理」です。糖質管理のメリットについて考えていきます。まずは、血糖値が上がらないことです。糖尿病の人が糖分をとると、食後2時間で血糖値はかるく200ミリを超えてしまいます。正常な人は140ミリなので、大変な数値になってしまいます。2つ目は、すい臓が疲れないことです。食事によって運ばれた糖分を体全体の細胞に送るには、インスリンの力を借りなくてはいけません。糖分制限によって、インスリンを使わなくてよくなります。その結果、すいぞうを休ませることができるわけです。3つ目は、減量効果です。糖分が多ければ多いほどインスリンは大量に分泌されて、糖を脂肪にして細胞に溜め込みます。糖質管理することで、脂肪がつきにくくします。

どんどん増える予想

糖尿病患者は、今後もどんどん増えていくことが予想されます。日本人は、もともとインスリンの分泌がとても弱い人が多いので、糖尿病になりやすいとも言われています。また、高齢化も進んでいるため糖尿病患者が増えると予測されます。また、食生活や過度のストレスによって引き起こす懸念も指摘されます。医療関係者の間では、糖尿病患者予防の対策をはかる必要があると強調する人もいるそうです。糖尿病は、自覚症状がまったくないという患者が多いために、合併症を引き起こす危険性もあります。ですが、多くの人がこの怖さを理解していないのが現状です。このことから、今後10数年にわたって、糖尿病患者が増え続けるだろうと言われています。