婦人

血糖値と深い関わりがある糖尿病は予防することが可能

炭水化物の少ない食事

植物

食事で注意すること

糖尿病は食事療法が大事です。とくに炭水化物を多く含む食品を控えることはよく言われることです。しかし極端にごはんやパンを減らしたり、全体的な食事バランスが悪いのでは意味がありません。栄養バランスに注意しなければならないのは糖尿病の人も普通の健康な人も同じです。ごはんを減らしたからおかずは多く食べていいというものでもありません。ごはんなどの炭水化物はエネルギー元として必要ですのでまったく食べないわけにはいかないのです。食事の仕方にも注意が必要です。ドカ食いは最も避けなければいけません。ドカ食いすると血糖値が一気に上昇してしまいます。食事はゆっくり時間をかけて、よく噛んで食べることが基本です。また、朝と昼は少ないのに夜だけ多く食べる、という偏った食事の仕方もいけません。

レシピ本も人気

糖尿病治療のための食事は今は宅配サービスなどでも手軽に利用できるようになりました。しかしこのような病気治療が目的の宅配弁当などは、続けるとお金もかかります。それでもメニューを考えるわずらわしさがない、とか忙しいから助かる、という理由で利用する人も多いようです。しかし、できるだけ費用は抑えたいという人も多くいるでしょう。そこで自分で作れるレシピ本が人気です。糖尿病食は何も特別な料理をする必要はありません。糖尿病のための食事、というようなレシピ本がいくつか出ていますが、これらは普通の健康な人にもおすすめできる内容です。また、野菜中心でおかずも芋や豆など炭水化物を控えた食事を意識すればよいのです。間食を控え、おやつはなるべく炭水化物の少ないものにするなど工夫次第で糖尿病にふさわしい食事内容になります。